ダイレクトメール。それは売上げアップ

郵送でのダイレクトメール

販売スタッフとして、顧客への宣伝やリピート率に繋げるためにもさまざまな手段のダイレクトメールがあります。郵送での場合、いかに開封してもらえるかのテクニックが必要となってきます。コストも高い事から、単純な考えでは損をしてしまうし、時間の無駄となってきます。まず、結果を正確に把握する為にも、基本的な部分から絞っていくべきです。郵送料金、印刷はどうするのか、対象者、そうやって作成していくのか具体的に段取りを組んでいきます。目的によって異なりますが私達の場合、送付対象リストをしっかり作成し、顧客との繋がりを重視しました。開封率の問題としては、ただ送付していては他者との差はありません。差別化をはかるためにも、顧客の立場にたち喜ばれる特典付きの企画を行いました。他の人に店舗を教えていただくと、両方に特典がつき、リピート率と新規顧客率を上げる事が出来ます。

効果的なダイレクトメールの作成

よく新商品の案内やサービスや展示会の案内などをダイレクトメールを使って手配しますが、その効果があるのかどうかは実際のところ微妙なところです。送信先のクライアントや消費者が興味を持ってくれている内容ならきちんと目を通してくれますが、そうでなければ封も開けずにシュレッダーやゴミ箱行きになる場合も非常に多いです。マーケティングなどを代行している会社でダイレクトメールの作成から発想までを全て代行してくれる会社も存在します。自社で発想するより費用は割高になりますが、文面の作成から発想までを手がけてくれる会社なら、自社でその作業を行う手間が省けます。しかも効果的な内容の文面などをきちんと作成してます。新商品の拡販や新規会員の獲得で伸び悩んでいるようなら、このような代行業を利用するのも面白いです。培ってきた経験とノウハウで新規販売先や新規会員を増やすことが出来るかもしれません。

知らない企業からのダイレクトメールは不安です

ダイレクトメール、それは販売等を目的したものをその企業や店舗などから、会員や顧客と呼ばれる人たちに、郵便物等で情報をもたらす方法です。最近ではメール便で届けられたものもありましたが、メール便もなくなってしまうとのことですから、郵便物一本になるのでしょう。そのダイレクトメールの内容は、様々で新製品の宣伝であったり、安売りのお知らせであったりとか、お客様にとって有利となる情報が多く入っていることが多いのでした。ですからこれらメールの種類は3つに分けることが出来ます。全く知らない会社から届くこともあります。どこで住所や名前が知られたのか気持ち悪いこともありますが、突然のメールであり不安にもなります。その他のメールは、再度の購入の依頼とかその他の商品のお知らせなどでもあり、まだ安心出来るものが送られて来ます。