ダイレクトメール。それは売上げアップ

家でコーヒーを楽しむ

コーヒーが嫌いな人でも濃くないコーヒーなら飲めるといった場合があります。アメリカンコーヒーは一般のブレンドコーヒーを淹れてからお湯で薄めるという手法もあります。もともとの淹れ方とはいえませんが、手軽なのでよく用いられています。お湯を加えることによって味の薄いコーヒーに生まれ変わります。
オーソドックスなカプチーノというのは、エスプレッソコーヒーに泡立てた牛乳を入れたもので、お好みでココアパウダーなどを入れて楽しまれています。カプチーノで有名なイタリアにおいては朝食時にパンなどとともにいただくことがふつうです。

甘党の人に人気があるのがウィンナーコーヒーだと思います。ウィンナーコーヒーの中に乗っている生クリームにはシュガーが添加されています。なのでその生クリームをコーヒーに溶かすとすごく甘くなるのです。甘すぎるのはちょっとという場合には生クリームがコーヒーの熱さによって溶ける前にカップから移して飲めばいいでしょう。
日本でもよく知られているモカですが、コクがあり甘みもあって果物のような香りとともに独特な酸味があることから、コーヒーとして飲まれる以外にもケーキやゼリーというようなお菓子類やパン類をはじめとして多種多様な食材にもバリエーション豊かに応用されています。
味わいのあるコーヒーが飲みたいならブレンドコーヒーはいかがですか。ブレンドコーヒーは1種類豆作った場合に比べて、それぞれのコーヒー豆のうまみがあらわれて、香り高い風味なのです。お手製のブレンドコーヒーが人気を呼んでいるコーヒーショップもいっぱい見かけます。

フレンチローストにしたコーヒービーンをマシーンで高圧をかけて入れたコーヒーのことをエスプレッソコーヒーといいます。エスプレッソはフランスといった欧州諸国で主に親しまれているコーヒーであり、普通のコーヒーに比べて濃厚で、風味がきついコーヒーでもあります。エスプレッソはたいがい小さなカップに入れられて出されます。
優雅な印象のあるカフェオレですけれども、カフェオレという言葉の由縁はフランス語で、カフェはコーヒー、オは前置詞、レは牛乳のことです。その昔コーヒーは高価だったのでお金持ちでない人でも楽しめるようにコーヒーの量に対して同じくらいの量のミルクを入れて薄めたのがはじまりだそうです。
通常のコーヒーですと熱湯で抽出しますけれども、ダッチコーヒーの場合は専用の器具によって冷水でじっくりと作ったコーヒーのことです。したがって水出しコーヒーとも呼ばれていて、冷蔵庫の中で冷やしてアイスコーヒーなんかにしても楽しめます。