カフェインが入ったドリンクはどれも利尿作用を増加させます。一例を挙げればレモンティーも一緒ですし、抹茶も同様です。コーヒー全般も同様で、大量に摂取すると利尿作用が高くなります。利尿は体温をいくぶんか奪うため、コーヒーばかりを飲みすぎると結果的に体温そのものが低下していきます。節度を持ってください。
毎日コーヒーを5杯より多く飲む人は、カフェインの摂取量が多くなりすぎて、そのままいくとカフェイン中毒のような症状に陥ります。コーヒーを飲まないと不安になったり、頭がもやもやすることもあり日常生活に悪い影響を及ぼすこともあるのでくれぐれもコーヒーは飲み過ぎないよう注意が必要です。

いろんな悩みや心配ごとが問題になっている現代社会においてコーヒーはわたしたちに元気を与えるものともいえる存在です。コーヒーの香りは芳香剤などにも商品化されているぐらいで、コーヒーの香りをかぐと心が落ち着くものですし、においだけにとどまらず、コーヒーには血行促進などの作用があるので飲むと健康維持にも役に立つのではないでしょうか。
赤道に近い地域において大部分がつくられているコーヒーですけれども、近ごろ見られる地球の温暖化の影響もあってか徐徐にコーヒーの栽培地は増えています。北緯25度から南緯25度圏内に位置する国家が主な栽培国であり、その数はおよそ60ぐらいになります。
コーヒーと言う飲料のほとんどは水分です。西洋の薬とは異なり明瞭な効果・効能は一切存在しないのです。コーヒーのような飲料はいい効能も悪い効能もまことしやかに語られてしまいます。それほど深くは考えないで、気分転換の手段として楽しむといいです。それ以外は余り多くを求めないようにするといいです。

岩波書店が出す辞書を開いてみると、カフェインとは強心、利尿、興奮状態を誘発する成分だと記述してあります。緑茶やコーヒーに膨大に含まれていて、心身にものすごく影響を及ぼすので、医学的な治療を受ける患者さんが状況によっては日常的な摂取をストップされる場合すらあると覚えておいてください。
多くの人に知られていることですが、コーヒーは脳に影響を及ぼします。コーヒーを摂取する時間や何杯飲むかが重要で、午前中に適量を飲む場合は問題ありませんが、寝る前に飲んでしまうと眠れなくなってしまいます。ですので、コーヒーを飲むならばタイミングやカフェインの量に気を使うようにしてください。
現段階で正式には認められていないコーヒーアレルギーと言えますが、コーヒーを飲んだり匂いをちょっと嗅いだりするだけで、何らかのアレルギー反応が出てしまう患者もいるようです。例えば下痢になったり、胃の中を嘔吐したり、激しい動悸などの諸症状が出てきたりする身体的反応を言います。